FC2ブログ

自分の好きな音楽(ギター)、釣り等をオススメしたり 共感したり、勉強したい!

  僕の人生日記のナビゲーター   トップページ > 楽器・機材  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Google Adsense↓


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ SEO対策:ギター

VALVULATOR 1

2010 - 01/28 [Thu] - 00:28

まずはOwners Manualの文章です

”多くのギタリストにとって、エフェクターをギターとアンプの
間に接続した場合に発生する高域のロスや変化、信号レベルの減衰等
は大きな問題でした。これらのロスはギター本体の音質や
サウンドキャラクター、サスティーンを損なうだけでなく、
信号の減衰が早まる事によりフィードバック・サウンドを
コントロールするのを難しくする原因でもあります。・・・略
VALVULATOR 1は多数のエフェクターを使用した場合でも、ギターから
アンプに直接インプットした状態になるようにイメージしてデザイン
されています。インプットステージはハイ・インピーダンスの
ギターピックアップ信号がエフェクターの回路に干渉されない為、
透明な音質を創り出します。ギターからのケーブルは直接
VALVULATOR 1 のインプットに接続されます。クリーンで
ダイナミックな信号はロー・インピーダンスに変換され、
エフェクターの負荷に干渉されなくなります。この改善された信号は
ギター・トーンを劣化させないだけでなく、接続されたエフェクターの
効果をより顕著なものにします。”

とのこと。

簡単には、エフェクターとの干渉や長いケーブルによって
発生する音質劣化や高域のロスを防ぐというもの。

音質劣化を防ぐものということで、最初はそんなに変わらない
だろうと思っていましたが、試してみて”結構違うもんだな”と
びっくりしました。真空管が入っているせいか、ウォームな感じの
太さがプラスされた感じですかね。プラスされたのか劣化が少ない事に
よってそうなるのか分かりませんが、そんな感じ。
それだけ、通常の音質劣化は大きいという事なのでしょうか??

また、パワーサプライも付いています。
これもまたこだわりで、
VHT社のリサーチにより9VDC仕様のエフェクターが、10-12VDC
で最も良い状態になる事から4つのうち1つは2VDCが、残り3つは
10DVCが出力されるように設定されています。とのこと。

ここ何年かエフェクターを使用していなかったので、あまり出番が
なかったのですが、久しぶりに試したらやっぱり良かった!!

IMG_0287.jpg

参考に
ベーシストとエフェクターさんの記事

スポンサーサイト

Google Adsense↓


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ SEO対策:ギター

アナログディレイ

2010 - 01/20 [Wed] - 23:08

お気に入りのアナログディレイはGuyatone FLIPの”AD-X”です。
これは、真空管が中に入っているアナログディレイです。

機能としては、ノーマルなモードIと、ダブリング&アンビエンスディレイの
モードIIがあり、モノラル時はダイレクト+ミックス、ステレオ時は
ダイレクト+エフェクト音を別々に出力できる2アウト式です。

真空管が入っているせいか音がすっきりヌケがいい感じです。
僕のアナログディレイの使い道は、ショートディレイでリバーブ的な
使い方が多いので、そのディレイの帰ってくる音がすっきりしていると
空間もすっきりしている感じで好きです。

アナログディレイではMaxonのものなどが有名で、Maxonもすっきり
しているのですが、他の多くのアナログディレイは帰ってくる音の
高音が少なめで中域の強い印象です。その丸みがアナログディレイの
特徴と良さなのかもしれませんが、、、。

このエフェクターの思い出は、
『お茶の水にアナログディレイを買いに行きました。
試奏でいくつかのアナログディレイを出してもらいました。
そして、最終的に残ったのは2つのエフェクターでした。

1つはダンエレクトロのアナログディレイ。
これは、見た目がアメ車っぽくてかっこいいと感じました。
見た目で選ぶならこれだなと。

2つめは、このAD-X.
音で選ぶならこれだな、と。

そしてその時購入したのは、ダンエレクトロ。
ロカビリー好きならやっぱり見た目でしょって。

でも1ケ月くらい経ってもやっぱりAD-Xの
音が忘れられずにもう一度同じ店に買いにいきました。
もうその時には、在庫が無く、取り寄せしてまでも
買いました。』

最近久しぶりに(10年くらいぶりかも)に音を出してみましたが、
やっぱりいい音でした。

右が見た目のダンエレクトロ。左は音のAD-X↓
IMG_0282.jpg


Google Adsense↓


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ SEO対策:ギター

KENDRICKアンプ

2009 - 11/12 [Thu] - 00:14

先日ライブを行いました。
予定していた場所とは違うお店で演奏しました。

そこには、知り合いの人のギターアンプが置いてあり、
借りる事が出来ました。
それは”KENDRICK"というアンプです。

ケンドリックのアンプはすべてハンドメイドでつくられ、
アンプの心臓部である電子回路にはプリント基板を一切使わず、
ヴィンテージアンプ同様POINT TO POINTと呼ばれる工法で作られて
います。またキャビネットにはソリッドパインウッドが使われていて、
オールドフェンダーと同じで、経年変化もしていきます。

クラプトンなんかも一時期使っていたようですし、
知り合いの人がストラトで弾いてとてもいい音を出していました。

ただ、今回のライブで持っていったのはレスポール。
憧れのアンプではあるけど、どうかと思って繋ぎました。
目指した音は、アンプ直でつないでギター側のボリュームを
最大にすると少し歪んできて、ボリュームを抑えるとクリーンの
音でバッキングができるような音です。

セッティングでの時間がたっぷりあった訳ではないので、
いろいろ試せたわけではないですが、正直感想としては、
レスポールとの相性としてはそんなに良くないかなと
思いました。つまみを抑えてもトレブルが結構効いて
抑えるのが難しかったり、FENDERのアンプっぽい、きらびやかな
感じはあまり出てこないという感じでした。
この辺は好みだと思います。

ただ、音は真空管の太さがよく出ていましたし、
ピッキングでの音のニュアンスを敏感に拾い、その繊細さは
今まで経験無い程でした。
ギターもそうですが、いいものはやっぱりこういうものかと
思いましたし、こういうもので日々練習すれば、
音の表情が豊かになるのだと思いました。

もうちょっと時間をかけていろいろ試してみたいですし、
相性のいいものを見つければ爆発的な良さがでるのでは
ないかと思いました。

まぁでも気持ちよく弾けました!!

またストラトをつないでみたいものです。
IMG_0234.jpg

参考に
KENDRICKアンプ

関連記事
+Fender Blues Deluxe
+GIBSON
+Fender テレキャスター
+Sadowskyの記事


Google Adsense↓


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ SEO対策:ギター



 | HOME |  »next

自動WEBサイト翻訳(多言語)

最新の記事

検索

ブログ内↓


商品等↓


ブログ

Amazonお買い得情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。